摂食障害 寿命

摂食障害になると寿命が短くなるって本当?

スポンサーリンク

今回は、摂食障害になると寿命が短くなるって本当?についてご紹介します。

 

摂食障害になると寿命が短くなることはありません!
ですが命にかかわることは十分に考えられます。

 

摂食障害になると寿命=命にも問題がでてくるのです。
過食症などになれば、食べ物の食べ過ぎで腸や消化器官などに負担がかかり栄養バランスがおかしくなっていきます。
肝臓などにも負担がかかり臓器などが弱り、のちに大きな病気が発症することだってあるのです。

 

拒食症の場合は
食べ物が「食べたい」という気分にもならず、もし食べたとしても体が受けつけてくれなくてそのまま吐き出すこともあり、人間の体に必要な栄養を十分とれないことから、栄養失調になるケースもあります。

 

食べ物が食べられないことから餓死する人もいるみたいですので怖い病気です。

スポンサーリンク

拒食症の人は命にかかる危険が過食症よりあると言えるので、急に体重が減ってきたりと異変を感じたら病院でじっくり治療することをおススメします。最悪食べれない場合は、点滴などで栄養を体に入れていくしかないので、病院にいくことをおススメします。
ですがいつかは自分で食べていけるようにならなければならないので、入院なども考えながら時間をかけて治していきましょう。

 

摂食障害で命を落とす危険はあるのです。
しっかり病院にいき治療すれば命の危険も少なくできるので、一人で抱え込まないでくださいね

 

まとめ

 

・摂食障害で寿命は短くならないが、命の危険はある。

 

・拒食症の場合は命の危険があるので、専門医で早めに治療しよう。

スポンサーリンク