過食症 妊娠 影響

過食症で妊娠の影響はでるのか?妊婦必見!

スポンサーリンク

今回は、過食症で妊娠の影響はでるのか?ついてご紹介します。

 

過食症という病気になり、妊娠までしてしまうと妊婦は影響がでないかとても不安です。
嘔吐などを繰り返していてお腹の子どもは大丈夫なのか?
答えは、悪影響です。

 

考えられる過食症の妊娠のときの影響
・子どもの栄養が足りなくなる。
・体重が十分ではないため、生命力が低下し障害がでる可能性がある。
・出産の時期が早まる可能性があるため、十分に発達しないで生まれるかもしれない。

 

やはり、妊娠をしている場合に過食症に悩まされる場合は危険ということがわかりました。

スポンサーリンク

一番の危険は、出産の時期が早まることです。早産は、障害を持って生まれてくる可能性がとても高いので妊娠しているあなたは早産だけは、避けるようにしよう。

 

過食症の妊娠の影響を回避するには
・過食症だということに気付くこと
過食症の人で自分が過食症になっていることに気付かない人がいます。やはり影響ででからでは遅いので常にアンテナをはって体の異変に気付きましょう。

 

・やはり、医師に必ず相談すること
過食症は1人で悩んでしまうケースが多いですが、1人では悩まず専門医にしっかり相談しよう。だってあなたは妊娠していれば、1人の命ではないのですから。

 

まとめ

 

・過食症は妊娠の時だとお腹の子供に悪影響である

 

・嘔吐などによってお腹の子供に栄養がいきずらくなる

 

・早産は避けるようにするために、専門医にしっかり相談をしよう

スポンサーリンク