過食症 吐かない 症状

過食症でも吐かない症状とは?

スポンサーリンク

今回は、過食症でも吐かない症状とは?についてご紹介しようと思います。

 

最近では、吐かない症状がある過食症が存在することがわかっています。
非嘔吐過食症といいます。

 

一般的に過食症とは、食べ物を食べ過ぎて嘔吐を繰り返してもまだ食べるというサイクルが過食症と言われています。

 

最近増えている非嘔吐過食症とはなんなのか?ご説明します。

 

非嘔吐過食症はただの大食いと勘違いされることが非常に多いです。
ただの大食いと非嘔吐過食症の違いは、食べて吐きたいのに吐けないということです。

 

吐かない症状の原因は
・吐くことはよくないこと知っている
・元々、過食嘔吐していて嘔吐をやめたから
が原因として考えられます。

スポンサーリンク

よくある悪化のケース
過食症は病気なので、本人は悪くないと思うことが重要であります。

 

過食症の人は
食べ続けることをやめよう!長く続けてはならないと思っています。

 

それなのに
また食べた、食べるのはやめられないんだろうか、体重が増えてしまう・・・

 

結果自分が悪いと思い、ストレスがたまりさらなる悪化をする場合があるのです。

 

過食症の吐かない症状は存在します。
元々、過食嘔吐などで悩まされていた人が吐かない症状がある過食症になりやすいです。

 

やはり体に癖は残るもので、以前嘔吐していた経験があるから嘔吐のことを考えてしまうものなので、やはり吐くこと自体が体に異常であることは間違いないので、普段から気をつけるよう心がけましょう。

 

まとめ

 

・過食症の中にも非嘔吐過食症も存在する

 

・ストレスの原因になるので、過食症は病気なので自分は悪くないと思うこと

スポンサーリンク