過食症 治す 食事

過食症の時に治す食事の取り方注意点

スポンサーリンク

今回は、過食症の時に治す食事の取り方注意点についてご紹介します。

 

過食症は食事を気をつければ治る場合があるのです。
低血糖になると脳みそが力が足りなくなり動きが悪くなり、集中力が下がったりとさまざまなことが起こります。
ここで身体は頭がいいので脳みそが力が足りてないと気が付けば、脳みそを守るために力を取り入れようとします。
この「力」にあたるのが食事になります。過食をしたくなるということです。

 

これは栄養素で治すことができるのです。

 

タンパク質、ビタミンB、鉄分、亜鉛、マグネシウム、ビタミンC、カルシウム、グルタミンの栄養素がとても重要になってきます。
この栄養素が多く含んでいるものを多くとるようにしましょう。

 

過食症の時に避ける食べ物
やはりバランスの取れた食事をすることで、栄養がいきわたり過食を進める刺激がなくなります。

スポンサーリンク

でも過食症の時に一度を口にしたいのは
「甘いもの」です。
正直この甘いものは禁止です。
糖分が高いということもあり、一度食べたらやみつきになり想像以上に過食をする傾向があるので気を付けましょう。

 

米やパンも控えるようにして、野菜とおかずなどをメインで食べていくほうがいいでしょう。

 

以上が過食症の時に治す食事の取り方注意点です。

 

まとめ

 

・過食症の時は「甘いもの」は避けるようにしよう

 

・バランスがいい食事が一番!ごはんやパンなどは少なめにとるようにしよう

スポンサーリンク