拒食症 外食

拒食症の外食に誘われた時のうまいかわし方

スポンサーリンク

今回は、拒食症の外食に誘われたときのうまいかわし方についてご紹介します。

 

拒食症になると、食べ物が食べれない状況になります。しかも食べたいのに、食べれないのです。

 

最悪の場合、食べ物を食べないので人間に必要な栄養が足りない場合は病院などに入院して点滴などで直接体に栄養をいれなければいけない状況になることだってあるのです。

 

でもやっぱり食べれない!拒食症になったけど友達などに外食に誘われる場合どうすればいいのか?
吐きはしないが、全部食べれるかわかんないし食べれないものだったらどうしよう。
悩んでいる人はすくなくないはずですのでご説明します。

スポンサーリンク

仲のいい友人との外食の場合
・拒食症と打ち明けてもいいでしょう。
1人で悩むことは治療を遅めることがあります。
・普段から「胃下垂であまり食べれない」や「脂っこいのは苦手」と伝えておく
胃腸の病気はみながなる可能性があるのです

 

みんなの前でお弁当など食事を振る舞ってくれる席での場合
・さっきおやつを食べたとかもうすぐ晩ご飯なんでといってごまかす。

 

・持ち帰れる物なら積極的に持ち帰る
普段からタッパなどを持ち歩くとベスト!相手に感謝の気持ちは伝わるはずです。

 

・感謝の気持ちを伝える
苦しそうに食べても、相手は心配するだけですし、褒めすぎると食べなければいけない雰囲気もできてしまいますので、感謝の気持ちを積極的に伝えるようにしよう。

 

まとめ

 

・一人で悩むことは辛いので、身近な人に打ち明けてみよう。

 

・ただ断るのではなく、感謝の気持ちを伝えよう。

スポンサーリンク