拒食症 むくみ

拒食症でむくみが起きるのはなぜ?

スポンサーリンク

今回は、拒食症でむくみが起きるのはなぜ?についてご紹介します。

 

拒食症は、食べ物を食べないことで痩せます。拒食症の患者はだいたい痩せています。

 

ですが、同時にむくみに悩まされることが多いのです。
主に、足と顔などがむくみが起きるので原因についてご紹介します。

 

むくみとはなにか?
血液の中にある水分があるのですが、その水分が血管から外にでて、体内の水分が普段より多くなって皮膚にたまった状態のことを言います。

 

拒食症とむくみの関係性
拒食症からむくみになるのは、だいたい栄養失調からなることが多いのです。
栄養が足りない場合に、賢臓やその他の器官が低下します。

スポンサーリンク

低下することで、低タンパク血症などが起こります!そうすると体の外に出すはずだった水分が、体の中に残ってしまうということが起こるのです。

 

バランスが悪い食事もよくない理由
かたよった食事のせいで、むくみが起きることがあります。
その中でも重要な栄養素は、ビタミンB1です。ビタミンB1が不足しているとむくみが起きやすくなるのです!
ビタミンB1が多く含まれている食べ物は、豚肉、大豆、昆布などですがこの中でも豚ヒレが1番多く入っています。

 

是非むくみなどに悩んでいたら活用してください!

 

まとめ

 

・拒食症により、体の内部器官が機能しずらくなりむくみが発生する。

 

・食事のバランスが悪い場合も、むくみなどの症状がでる。

 

・むくまないようにするには、ビタミンB1を多く取るように心がけましょう。

スポンサーリンク