拒食症 下痢

拒食症で下痢になるのか?

スポンサーリンク

今回は、拒食症で下痢になるのか?ついてご紹介します!

 

食事などをしても、下痢などになり心配する人はすくなくないですが拒食症と下痢の関係性はあるのか?

 

答えは
拒食症で、下痢になることはありません!

 

ですが考えられる部分では、拒食症の影響で精神的、心理的な部分に多く負担をかけるのですが、そのせいで下痢になることは考えられます。

 

要するに、拒食症で下痢になるというよりは、拒食症になって他の部分が悪くなり下痢になることはあるのです。

スポンサーリンク

例えば
食べ物を食べないことから、体に栄養が足りなくなり、栄養失調になり下痢になることが考えられるのです!

 

栄養が身体に足りない場合には、内部の臓器の機能がしっかりしないために様々な別の症状がでることがあるので注意が必要です。
中にはめまいやむくみ、頭痛などが起こる人がいますがだいたいは栄養失調からきているものが多いのです。

 

病院で下剤の処方をされることもあるので、そういった場合は、わざと下痢に誘導しているので、拒食症が原因とはいえないでしょう。

 

もし下痢になっている場合は、拒食症などが進んでいて他の症状のせいでなっている可能性があるので、下痢になる前に治療はすべきですが、拒食症は自覚がないので、下痢は治療のサインと思うほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

・拒食症で下痢になることはない。

 

・栄養失調のせいで、下痢になることはある。

 

・栄養失調は様々な辛い症状を引き起こす場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク