拒食症 前兆 症状

拒食症の前兆の症状とは?

スポンサーリンク

今回は、拒食症の前兆の症状とは?についてご紹介します。

 

拒食症の前兆とはとてもわかりずらいのです。なぜかというと自覚症状がないので自分が本当に拒食症なのかわからないということです。

 

拒食症の原因
原因に多いのに、ダイエットなどの痩せたいと思う気持ちから来ています。
痩せたいという願望は、男性より女性に多いことから、周りから「痩せた?」みたいなことを言われる優越感からもっと痩せようと思うことからさらに拒食症の悪化につながるのです。

 

なので拒食症の前兆はとてもわかりずらいということです。
最初はダイエットなどをしていただけなのに、成果がでるたびに嬉しくなり気づいたら拒食症になっていたということはとても多いのです。

 

食べ物を食べようとしても体が受け付けなくなった場合が拒食症といえます。

スポンサーリンク

前兆の症状
・太ることにとても敏感で恐怖心すらある
・周りに痩せてると言われても、自分は太っていると思う
・カロリーを気にして、カロリーがわからないものを食べない
・食べるものを気をつけることから好き、嫌いが多くなった

 

拒食症の前兆として考えられますが、拒食症になった本人は自分では気づかないし、自分が病気ということも認めようとしません。

 

やはり、周りが気づいてあげることがいいでしょう。
過食症になる前に、早めの治療をすることですぐ治る場合もあるので、早めの対処をしよう!

 

まとめ

 

・拒食症の前兆はとても分かりずらい

 

・太ることにかなり敏感で、食べようとしても食べれない場合は過食症の可能性がある

 

・周りがきずいてあげることも大切である

スポンサーリンク