拒食症 頭痛

摂食障害(過食症、拒食症)の頭痛の原因

スポンサーリンク

今回は、摂食障害(過食症、拒食症)の頭痛の原因についてご紹介します。

 

摂食障害になっている人で頭痛に悩まされている人は少なくありません。
まず、頭痛というのはいろいろば原因があるため特定することは極めて難しいと言えるので、摂食障害の以外の理由も考えられるということですが、過食症や拒食症でも頭痛は起こるので、ご説明していきます。

 

過食症の頭痛の原因
過食症というのは、ただたんに食べ物を食べ過ぎるという病気ではなく食べたものなどを嘔吐してもなおまだ食べたいという願望があり、どんどん食べてどんどん嘔吐するというサイクルになっていくことを過食症といいます。
やはりこの状態というのは、ホルモンのバランスがうまく取れていないんです。

 

このホルモンバランスが乱れている状態が、頭痛の原因と考えられます。
精神的な問題からも、頭痛が発生することがあり、イライラや不安な気持ちからでることもあります。

スポンサーリンク

拒食症の頭痛の原因
拒食症は漢字から想像できるように、食べ物などを食べなくなることなんですが、食べ物を食べないことから栄養失調などになります。
栄養が不足すると、血液の循環が悪くなり内臓機能が悪くなりその結果脱水症状などが起きて頭痛を引き起こすことが多いです。

 

拒食症の回復期によくかかりやすいと言われている「うつ病」にも頭痛の症状があります。
うつ病患者は自分がうつ病になっている自覚がないため、頭痛が起きてもうつ病のことを疑うことはありません。
ただ可能性としてうつ病での頭痛も考えられるということです。

 

以上が摂食障害で考えられる頭痛でしたが、やはり頭痛がひどい場合は放置せずにしっかり病院の行くことが一番大切でしょう。

 

まとめ

 

・摂食障害でも頭痛は起きる

 

・過食症はホルモンバランスの乱れから頭痛が起きる

 

・拒食症は栄養失調などから頭痛が起きる

スポンサーリンク