摂食障害 原因 母親

摂食障害の原因は母親が関係してる?

スポンサーリンク

今回は、摂食障害の原因は母親が関係してる?についてご紹介します。

 

最初に理解していただきたいのは、摂食障害に悩まされている全員に言えることではないということです。

 

ですが中には、母親との関係を解消したことで摂食障害が治った人も多数います!

 

なぜ摂食障害の原因が母親にあるのか?
まずは、生まれてきた自分を想像してください。
1番最初に側にいてくれたのは、母親です。まぎれもない事実です。
1番最初に食べたものは、誰が与えてくれましたか?母親の母乳であります。

 

母親というのは、自分のことをいつも大切に思ってくれる存在です。
幼少期であれば、世界で1番愛情をくれる相手でもあります。

 

摂食障害は、精神的心理的な部分がかなりの影響を与えるのですが、過食や拒食は心理的な奥にある母親に対するメッセージを意識はしないで発信していることがあるのです。

スポンサーリンク

なぜこんなことが起こるのか?原因はなに?
兄弟や姉妹がいる人は、想像しやすいですが
母親に対して注目の奪い合いをしていたことはないですか?

 

小さいころは、あまり意識はしないですが「おねぇちゃんばっかり」「なんで妹には優しいの」とか愛情の奪い合いをしていることが多いのです。

 

この感情が、摂食障害の原因になっていることが実は多いのです。

 

大人になっても、感情が続いていて
「もっともっと」と愛情がほしい、注目してほしいということが、意識しすぎて摂食障害
原因になることがあるのです。

 

よく心の奥に隠されている感情の一つですので、しっかり自分を見つめなおして自立していきましょう。

スポンサーリンク