摂食障害 一年生 治療期間

摂食障害一年生はまだまだ短い?治療期間は?

スポンサーリンク

今回は、摂食障害一年生はまだまだ短い?治療期間は?についてご紹介します。

 

摂食障害になると、治療期間は長くかかる場合がほとんどで時にはすぐに治るものもあるのですがだいたいの場合は長期間になってしまいます。
摂食障害一年生の人は必見です。

 

国内の調査によると
初めて診察を受けて四年から十年たった患者などにきいたところ、完治している人は全体の50%ぐらいだったのです。
このことから摂食障害一年生では、完治するまでに少なくとも三年はかかる計算になります。
長くて十年もかかってしまい最悪の場合は、死亡率7%という数字も出ており本当に危険な病気になっています。
もし仮に治ったと思っていてもすぐに再発などがする可能性もあるので十分気を付けましょう。

スポンサーリンク

摂食障害を治療する上で一番大切なこと
絶望することが一番ダメなことなのです。「この病気にかかったから人生がおわりだ!」とか「もう治らないかもしれない」
と思うこと事態が病気を悪化させる原因です。

 

摂食障害は治る!摂食障害一年生のみなさん!必ず治る!治す!
というような、強い気持ちが必要です。
この気持ちこそが治療をする上でとても重要ですし治療期間も早めてくれます。元々摂食障害も精神的な部分から来ていることが多いので、気持ちは大切なのですね。

 

病気にかかっている本人は、どうしても気持ちも落ち気味になり、必ず治るみたいなことすら考えるのが苦痛です。そんなときは周りの助けがなければ乗り越えずらいので周りの人も協力してあげてください。

 

まとめ

 

・長くて10年以上悩まされている人がいる

 

・必ず治る!治す!という気持ちが大切。

スポンサーリンク