摂食障害 入院基準

摂食障害の入院基準!最も重要なのは○○である。

スポンサーリンク

今回は、摂食障害の入院基準についてご紹介します。

 

摂食障害とは、食べ物などがたべれなくなる拒食症や食べても食べても、嘔吐などしてしまう過食症などがあります。
どちらも体に悪影響で、心療内科などの病院にいき薬を飲みながらの生活をしたり、最悪の場合は入院などをして治療を進めざるおえない状況だってあるのです。
そこで一つの疑問として摂食障害になってはいるがどのくらいの症状が入院が必要なのだろうか?
この疑問にお答えしていきますね。

 

過食症の入院基準
過食症の場合は
嘔吐などを頻繁にしており長い期間この過食嘔吐などに悩まされている場合や
下剤など使い体に異常が発生している場合などがあげられます。
検査から体に異常が見つかった場合も入院が必要です。

 

嘔吐をすることで、うつ病にもなりやすくなるため、身体のだるさから治療がまったく進まないケースもあるのですぐに治したいと思っている場合は入院が一番の近道です。

スポンサーリンク

拒食症の入院基準
拒食症の場合は
体重などが著しく減少している場合やまったく食べ物が食べれない場合や体が栄養失調のため弱っている場合などがあげられます。

 

拒食症の場合は、餓死などで命をなくすケースもあるため注意が必要です。
体に必要な栄養がとれない場合は、無理にでも栄養を入れなければならないので入院などをして点滴などで治療するしかないのです。

 

摂食障害の入院基準をご紹介しましたが一番大切なことがあります。

 

それは、摂食障害は精神的な部分も絡んでいるので、最も重要なのは一人で悩まないということです。
入院という選択肢をとることも重要です。

 

まとめ

 

・拒食症は命の危険もあるので、入院をしてすぐに治療を開始しよう

 

・摂食障害の最も重要なことは、一人で悩まないことです。

スポンサーリンク